賃貸経営で富を築こう

一括借り上げについて

賃貸併用住宅を建設して、一部スペースを賃貸物件として貸し出す場合、自分たちだけで賃貸経営をする方法もあるにはあります。
しかしこの場合、賃貸住宅情報を賃貸情報誌に掲載して入居者の募集をし、入居希望者が現れた場合その審査も行わないといけません。
入居した後には、家賃の徴収もまた何かトラブルやクレームが発生した時には自分たちで対応する必要があります。
これだけのことをすべて自分たちでこなしていかないといけないので、ノウハウを持っていない人にとっては結構大変です。
リタイアしている人ならまだしも、現在仕事をしている人が本業に加えてこのような作業もこなしていかないとなると大変です。
そこで賃貸併用住宅を持っている人の中には、賃貸部分の管理を不動産会社に任せている実例も多いです。
その中の一つに一括借り上げというスタイルがあります。
一括借り上げとは、不動産会社がオーナーから賃貸部分を借り上げてしまいます。
そして不動産会社は家賃をオーナーに対して支払います。
借り上げた賃貸スペースは不動産会社の運営の素で賃貸住宅情報の提供をし入居者を募集して、貸し出します。
一括借り上げのいい所は、確実に家賃の発生する所です。
入居者がいない状態でも、不動産会社が賃料を支払ってくれますので、より安定した賃貸経営ができるわけです。
ただし家賃は直接自分が部屋を提供するのと比較すると少し安くなってしまいますので、その点は理解しておく必要があります。
Copyright (C)2017賃貸経営で富を築こう.All rights reserved.