賃貸経営で富を築こう

賃貸部分の面積

賃貸併用住宅といって、住宅の一部を賃貸スペースとして貸し出す方法もあります。
賃貸併用住宅の建設を検討している場合に、どの程度賃貸スペースとして貸し出せるかを検討する必要があります。
賃貸スペースの広さによって、一人暮らしや家族連れなど、貸し出す対象も変わってきますし、賃貸住宅情報による情報のアピールの仕方も変わってきます。
賃貸として貸し出せる最大面積は、以下のような計算で求められます。
敷地面積に建蔽率や容積率をかけます。
敷地面積一杯にまで住宅を建築することはルール上できないからです。
そして自分たちが生活するために必要なスペースがどのくらいかを考えていきましょう。
たとえば昔ながらの住宅で、それまでは大家族で生活していた物件があったとします。
しかし現在は核家族で暮らしているということになれば、使いきれないスペースも出てくるはずです。
そのようなスペースを貸し出すというイメージを持ちましょう。
これから住宅を建設する場合には、3階建てにしてみる方法もあります。
一般的な一戸建ては2階建てなので、2階分は家族が使用して、余ったワンフロアを賃貸として貸し出すイメージを持ちましょう。
どの程度の広さで賃貸住宅情報の提供ができるのかある程度のイメージがつかめたところで、今度は間取りについて検討することです。
自宅と賃貸部分のレイアウトや広さのバランスがとれるようにするためにはどのような間取りがいいのか、検討すべきです。
Copyright (C)2017賃貸経営で富を築こう.All rights reserved.