賃貸経営で富を築こう

賃貸併用住宅のメリット

少数ではあるものの、賃貸住宅情報の中には一戸建ての物件もあります。
そしてこのような賃貸一戸建ての物件の中には、賃貸併用住宅といって自宅の一部を貸し出すという方式をとっている物件もあります。
賃貸併用住宅のメリットとして大きいのは、やはり家賃収入の得られるところではないでしょうか?
長らく続くデフレによって、日本の地価が今後大きく上がる可能性は極めて低いとみられています。
バブルのころくらいまでは、土地を持っていればそれだけで資産価値が上がっていきました。
しかしこれからの時代はそのような効果は期待できず、むしろ固定資産税をはじめとしたコストの方法がかかってくるので、ただ持っているだけではマイナスになってしまいます。
そこで土地活用ということが仕切りといわれるようになりました。
賃貸併用住宅にしてしまうことで、家賃収入を得られれば資産価値をうまく活用できるようになるわけです。
また住宅ローンを借り入れて購入した場合、住宅ローンの返済をこの家賃収入に充てることも可能です。
自分で返済していくとなると、家計のやりくりが厳しくなるケースも考えられます。
もし返済のほとんど、もしくは全部が家賃収入で充てられるようになれば、事実上自分で負担をする必要がなくなってしまいます。
つまり家計の負担がかなり軽減される効果も期待できるわけです。
もし自宅や所有している土地に余裕があるようであれば、他の人に貸し出して、効率的に収益の得られるシステムを構築した方がいいでしょう。
Copyright (C)2017賃貸経営で富を築こう.All rights reserved.