賃貸経営で富を築こう

賃貸併用住宅の活用

日本中にさまざまなタイプの賃貸住宅情報が出ていますが、その中の一つに賃貸併用住宅と呼ばれる物件が出ています。
賃貸併用住宅とは、自宅の一部を賃貸物件として貸し出すスタイルの物件をさします。
自宅は生活拠点として欠かせないものであると同時に、試算の一部でもあります。
人々の生涯支出を見ていくと、住居関連の費用が全体の1/4程度を占めるといわれているほどです。
賃貸併用住宅にすることで、賃貸を借りている人から家賃が受けられるので、住居費の負担を軽減できるというメリットがあります。
また家賃収入があれば、そのお金を使って住宅ローンの借り入れをしているのであれば返済していくことも可能になります。
すなわち自分で住宅ローンの返済をする必要がなく、負担を軽減できる可能化も期待できるわけです。
住宅を相続して、前と比較して住宅で暮らす家族が少なくなったのであれば、必然的に使わなくなる空間ができてくるはずです。
この余ってしまった空間を貸し出すことで賃貸経営を行うというのが、賃貸併用住宅といえます。
もしすでに土地や住宅を所有しているのであれば、空間に余裕がないか検証してみましょう。
賃貸併用住宅の場合、大半は一戸建てということになります。
賃貸物件というとマンションやアパートのような集合住宅をイメージする人が多いでしょうし、実際賃貸住宅情報を見てみても各地でほとんど掲載されているのは集合住宅です。
このため、賃貸一戸建ての物件を賃貸住宅情報に掲載すると、非常に目立ちます。
このため、賃貸物件探しをしている人の興味をひき、入居者の確保が比較的しやすいという側面もあります。
マンションやアパートと比較すると、広めのスペースになる可能性があります。
また将来はマイホームとして一戸建てを購入しようと思っている入居希望者もいるでしょう。
そのような人にとっては、一戸建てで暮らしたときのシミュレーションができるので、貸す側と借りる側の双方にとってメリットがあるといえます。
Copyright (C)2015賃貸経営で富を築こう.All rights reserved.